浦和が3位 PK戦でエトワール・サヘル下す=クラブW杯

 2失点目は余計だったけど、勝ってしまえばオールオッケー。でも坪井は反省な。ついでにヒデとさんまは自重ヨロ。ワシントンも最後に良い仕事したね。出てくなんて、おいちゃんさみしーよ。

 ともあれ、今年最後にプチ栄冠「アジア勢初の世界大会3位」GETおめ!>レッズイレブン。

 サッカーのクラブ世界一を争う「TOYOTA プレゼンツ FIFA クラブワールドカップ ジャパン 2007」(以下、クラブW杯)の3位決定戦が16日、横浜国際総合競技場で行われ、2-2のまま迎えたPK戦で、浦和レッズ(アジア代表)が4-2とエトワール・サヘル(アフリカ代表)を下し、クラブW杯3位となった。

 負傷の闘莉王に代わって阿部を最終ラインに入れて臨んだ浦和だったが、前半5分にフレジにPKを決められて先制を許す苦しい立ち上がり。しかし、その後はボールポゼッションで上回る浦和が徐々に攻勢に出る。35分には左サイドの相馬のクロスに、この3位決定戦が浦和での最後の試合となるワシントンがヘディングシュートを決めて、1-1の同点に追いついて前半を終えた。

 後半25分には永井のFKからワシントンがヘディングでこの日2点目を決めるが、直後の30分にはエトワール・サヘルのシェルミティが同点ゴール。その後は両チームともに追加点を奪えず、試合はPK戦に突入した。

 PK戦は全員が決めた浦和に対し、エトワール・サヘルは1人目と4人目が外し、4-2で浦和の勝利が決まった。

 ACミランvs.ボカ・ジュニアーズの決勝戦は19時30分にキックオフされる。

<浦和レッズ出場メンバー>

GK:23 都築龍太

DF:2 坪井慶介、5 ネネ、22 阿部勇樹

MF:3 細貝萌、6 山田暢久(C)、13 鈴木啓太、16 相馬崇人、17 長谷部誠

FW:9 永井雄一郎、21 ワシントン

サブ:1 山岸範宏、12 堤俊輔、19 内舘秀樹、20 堀之内聖、14 平川忠亮、27 西澤代志也、30 岡野雅行、18 小池純輝

(12月16日 スポーツナビ)

 そして、決勝では2003年トヨタカップの雪辱を果たしたACミランがボカ・ジュニアーズに大勝。個人的にお好みのシーンは後半早々のネスタのシュート(&1アシスト1ゴールのカカ様の大暴れ。特に後半凄かったねー)。ポカは前半こそ互角だったけど、後半立て続けに失点したのとカカ様に振り回されたのとで「切れちゃった」かな?。1年通してチーム内にゴタゴタが続いたせいか最後まで本調子じゃなかったのも残念。来シーズンがんばって下さい。

 ちなみに今回、試合そのものの中継以外は見るべき点ナッシング。特に試合後カカ様達を呼んで小コーナー組んだ日テレ、試合中の中継が下手なのはガマンしてやるが、事前準備が出来る分位はまともな仕切りしろ。特にミランの選手に対する明石家さんまのKY&無礼な態度は国辱レベル。次から呼ぶな。

ミランがクラブ世界一 欧州勢初の栄冠=クラブW杯

 サッカーのクラブ世界一を争う「TOYOTA プレゼンツ FIFA クラブワールドカップ ジャパン 2007」(以下、クラブW杯)の決勝戦が16日、横浜国際総合競技場で行われ、ACミラン(欧州代表)がボカ・ジュニアーズ(南米代表)を4-2で破り、欧州勢として初のクラブW杯制覇を果たした。

 序盤から激しい打ち合いとなった試合は、前半21分、ミランがカカの突破からインザーギの得点で先制。しかし、ボカもその1分後にCKからパラシオがゴールを決め、すぐさま同点に追いつく。

 後半5分にネスタが決めて再びミランがリードすると、前がかりになったボカに対しカカがドリブルからチャンスを量産。16分には自ら持ち込んでミランの3点目を決めると、26分にはセードルフ、カカとつなぎ最後はインザーギが決めて4-1とした。

 終盤、ボカはオウンゴールで2点差に詰め寄ったものの、反撃も及ばず。4-2で勝利したミランが欧州勢として初のクラブW杯制覇を成し遂げた。

(12月16日 スポーツナビ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です