浦和、アジアの頂点に=永井、阿部がゴール-アジアCLサッカー

 無敗でのACL優勝という快挙オメ!>レッズ。リアルタイムで見られなかったのが残念だけど良かった良かった♪。

 14日、埼玉スタジアムで行われたサッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(CL)決勝第2戦で、浦和がセパハン(イラン)に2-0で快勝し、2戦合計3-1として初のアジアクラブ王者に輝いた。

 日本勢の優勝は2002~03年シーズンに現行のアジアCLになってからは初めて。前身のアジア・クラブ選手権を含めると、1986~87年の古河電工、87~88年の読売クラブ、98~99年の磐田に次いで4チーム目のアジア一。

 7日にアウェーでの第1戦を1-1で引き分けていた浦和は、前半22分に永井のゴールで先制。後半は攻め込まれる場面もあったが、26分に阿部が頭で決めて突き放した。

 浦和は来年のアジアCLでは1次リーグを免除され、決勝トーナメントから出場する。

 大会最優秀選手には浦和のFW永井雄一郎が選ばれた。 

(11月14日 時事通信)

 にしても、川淵はなんで素直に祝ってやってくれんのかね?。

日本サッカー協会・川淵三郎会長:うれしいというより、日本サッカー発展のために頑張ってくれてありがとうという感謝の気持ちだ。Jリーグのお荷物と言われていたが、サポーターとともに名実ともにアジアナンバーワンになった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。