浅野氏、事実上の出馬表明 都知事選へ

 まあ、出馬動機については本音も建前も、酸いも甘いもあるんでしょうが…。もし浅野氏が都知事に当選したら、こないだ彼を囲んで大騒ぎしていた市民団体が、「浅野都知事を作ったのは自分たちだ!」と暴走しやせんかちょっと心配。ペログリの時みたいになんなきゃいいんだけどもねー。

 前宮城県知事の浅野史郎氏(59)は28日、報道陣の質問に対し、「市民の思いを真剣に受け止めないといけない」と答え、都知事選(4月8日投票)に事実上の出馬表明をした。浅野氏は民主党からの出馬要請を断っており、立候補する場合は政党推薦を受けず、無党派で戦う可能性が高い。

 民主党は28日夜の都連パーティーで知事選候補を発表する予定だったが、調整がつかず絶望的な状況。同党は浅野氏が出馬した場合、推薦はしないものの実質的な支援をする方針を示している。

 浅野氏は仙台市出身。東京大法学部を卒業後、1970年に厚生(現厚生労働)省に入省。93年に宮城県知事選挙に当選し、2005年まで3期を務めた。現在は慶応大教授。

 都知事選には現職の石原慎太郎氏(74)が3選を目指しているほかに、共産党が推薦する元足立区長の吉田万三氏(59)や、建築家黒川紀章氏(72)が出馬を表明している。

(中日新聞 2007/2/28)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です