波乱、オツトメお疲れ様でした…?

 横浜FCが9年ぶりの横浜ダービーをいきなり制するわ、ガンバが西野体制で初めてアウェイでアントラーズに勝っちゃうわ、レッズがアルビレックス相手に「まさかの」引き分けで終わるわと、波乱だらけの第2節。…まあ、新潟の場合、ホームでの強さが異常なだけかもしれないけど>後半43分からまさかの2得点。

 でも、J1のこれらの波乱も、バルセロナ対レアルinスペインリーグのメッシ@バルセロナのハットの前にはそよ風。いやあ、アレにはびっくりしたなーもう。 

J1 第2節(3/10-11)試合結果

甲府 0 – 2 名古屋

広島 1 – 1 柏

磐田 2 – 1 大分

大宮 0 – 2 F東京

千葉 1 – 3 清水

横浜FC 1 – 0 横浜FM

鹿島 0 – 1 G大阪

新潟 2 – 2 浦和

神戸 1 – 1 川崎F

 「荒れる春場所」とは言うけれど、ちょいとばかり度が過ぎる荒れように萎え。

 単なる稽古不足or年齢的な問題なのか、それとも例の八百長疑惑の影響なのか。はてさて。とりあえず、横綱にへし折られそうになってた時天空の右手小指がちょっと心配かも。

朝青龍と3大関に土=新小結時天空が殊勲-大相撲春場所初日

 大相撲春場所初日(11日、大阪府立体育会館)朝青龍と3大関が敗れる波乱の初日となった。5連覇を狙う朝青龍は新小結時天空に後ろ向きにされて苦杯。千代大海は安馬に一方的に寄り切られ、琴欧洲は豊ノ島の投げに屈した。白鵬も稀勢の里に突き落とされた。

 大関かど番の栃東は朝赤龍を下し、魁皇も旭天鵬に快勝した。 

(3月11日 時事通信)

 まあ、元祖プッツンだし。前科の1つや2つは芸の肥やしと言うことで。個人的には絶対付き合いたくないタイプな芸能人ですけどね。見た目はともかく中身&人間的に。

石原真理子ストーカー行為で服役していた

 自叙伝「ふぞろいな秘密」を出版、自ら監督を務めて映画化するなど、芸能活動を活発化させている女優石原真理子(43)が、アメリカで過去2回もの逮捕歴があることが10日、分かった。好意を抱いた外国人ミュージシャン2人にストーカー行為を働いた罪で、2度目の逮捕後は125日間も服役した。石原はこの日、ファクスで「誤解が誤解を生んだ不幸な出来事」と釈明。11日に会見を開き、直接弁明する予定だ。

 自叙伝で過去の男性遍歴を暴露し、その著書を自分の手で映画化-。日本での芸能活動を再開した元祖“プッツン女優”の石原が、過去に米国で2回も逮捕されていたことを、自ら明らかにした。

 石原は芸能活動を休業し、95年に米留学。96年に外国人ミュージシャンのAさんと知り合い、好意を抱くようになった。石原はAさんに、何通も手紙を書いて送ったという。これが、ストーカー行為とみなされ、逮捕された。石原は同年3月24日、フロリダの裁判所から18カ月の保護観察処分と、255ドルの訴訟費用を請求されている。

 2回目の逮捕は03年。ラスベガスでAさんと再会し、Aさんとバンド仲間だったというBさんを紹介された。石原は、今度はBさんに好意を寄せるようになった。

 その後、石原はBさんからもストーカー行為を受けたと訴えられ、同年5月14日、ラスベガスの裁判所で125日間服役との判決を受けた。石原は実刑判決に従い、ロサンゼルス郊外の刑務所に服役したという。

 逮捕歴が突然発覚したのは、11日予定の石原監督映画現場取材が、9日になって急きょ中止されたことがきっかけだった。関係者によると、13日発売の一部週刊誌が、石原の過去の逮捕歴について石原側に取材をかけたことから、混乱を避けるため11日の現場取材を中止したという。

 石原はこの日、芸能リポーター梨元勝氏の取材に「AさんとBさんは一緒にバンドを組んでいた友人。2人がどんな連絡を取り合っていたのかは分かりませんが…」と、困惑しながらも逮捕歴を認めた。

 さらに、石原はこの日、弁明ファクスを送信し「あのころの私は、日本での(芸能活動中の)ダメージから立ち直っていなかった」「誤解が誤解を生んだ不幸な出来事」などとつづっている。

(3月11日 日刊スポーツ)

 なんかね、この人のこの一件に関しては、飯島愛さんお疲れ様でしたというより業界の冷酷さばかりが目に付いてイヤン。

飯島愛、生放送で「タレントは辞めます」

 先週、一部スポーツ紙で今月末に芸能界を引退すると報じられたタレント・飯島愛が3月11日(日)午前、レギュラー番組であるTBS系『サンデージャポン』に出演。引退騒動について、生放送で初めてコメントした。

 番組終盤の芸能コーナーで自身の話題が触れられた飯島は、先週の同番組終了後にMCを務める爆笑問題に楽屋に呼び出され「(引退の真相を)他の番組で言わないで! ってお願いされた」と、寂しげな目をしながらポツリ。その上で「タレントは辞めます。本当に3月までで(番組降板を)調整しています。みなさんありがとうございました」と、初めて引退報道に関して言及した。

 また、引退の理由については「仕事するには、きつい年齢になってきたなぁ・・・」と話したのみで、詳細は語らなかったが、週刊誌などで報じられた“ニューヨーク移住説”には「日本に住みますし、渋谷区や千代田区辺りにいると思う」と否定した。

 さらに今月8日、9日に行われた歌手、マイケル・ジャクソンのファンイベントにデーブ・スペクターらとともに参加した彼女。一部でマイケルが日本国内に土地を購入するとの報道に引っ掛けて「私は、マイケルと同棲したい~!」とお茶目な一面もみせていた。

(3月11日 オリコン)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です