武本、TKO負け喫す=王者ジョン、8度目の防衛-WBAフェザー級

 相手は40戦無敗の王者。年齢的にも脂が乗り切っているチャンプだもんな。今回は手も足も出なかったけど、めげずに次頑張ろうぜ>武本。

 あと、どうでもいいけど武本とその兄弟を殊更に「武本四兄弟」って呼ぶのは止めないか?>一部メディア。どこぞのチンピラ亀一家を連想して、どうにも気分が悪いんですけど。

 世界ボクシング協会(WBA)フェザー級タイトルマッチ12回戦は19日、神戸ファッションマートで行われ、挑戦者で同級6位の武本在樹(千里馬神戸)は王者のクリス・ジョン(インドネシア)に9回終了TKOで敗れ、王座奪取はならなかった。8度目の防衛に成功したジョンは40勝(21KO)1分け、武本は21勝(12KO)7敗1分け。

 武本は序盤から劣勢。6回に最初のダウンを喫し、8回にもダウン。10回開始のゴングに応ぜずTKO負けとなった。

 日本のジム所属の現役世界王者は6人のまま。 

(8月19日 時事通信)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です