樽のラム酒が「特別な味がした」わけは……

[ブダペスト 4日 ロイター] 家の改装中に、そこにあった大きな樽のラム酒を飲み尽くした作業員たちは、最後に胸が悪くなる強烈なショックを受けた。なんと樽から死体が転がり出てきたのだ。

警察のオンラインマガジンwww.zsaru.huによると、ハンガリー南部セゲドで、作業員たちが飲み尽くした樽を動かそうとしたところ、その樽は空にしては驚くほど重かった。そして裸の男の死体が出てきたという。

遺体は20年前、彼の妻が樽に詰めて送り返してきたもの。正規の手続きの費用と事務処理の煩雑さを避けるために、ラム酒漬けにしたという。

作業員たちは、300リットルの樽に入ったラム酒は「特別な味がした」そうで、なかには瓶に入れて家に持って帰った者もいたそうだ。

妻はすでに亡くなっており、男の遺体はきちんとした墓に埋葬された。

 ネルソン提督の逸話を思い出したのは神楽だけじゃないはず。しかし、呑み終わって樽の底を見たらオヤジの死体発見か。キッツイなあ…せめて美少年の死体ならなんとか味わいようもあるんですが…(マテマテ)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です