柴田国交省局長が出馬へ 来年の北九州市長選

 来年2月の任期満了に伴う北九州市長選で、自民党から出馬要請を受けていた国土交通省の柴田高博都市・地域整備局長(57)が出馬の意向を固め、関係者に伝えていたことが28日、分かった。来月にも正式に出馬表明するとみられる。

 柴田氏は「周りの期待はある。そう長くは引っ張れない。遠からず意思表示をしなければならない」と話している。

 末吉興一市長(71)が今期限りで引退する考えを表明したのを受け、自民党の市議や商工会議所幹部らが12日に上京し、柴田氏に出馬を要請していた。

 柴田氏は福岡県遠賀町出身。1973年に旧建設省に入省し、2005年8月から現職。

 市長選には民主党の北橋健治衆院議員(53)=比例九州=がすでに事実上の出馬表明をしている。

(共同通信) – 7月28日

 なーんか、「ヤのつく自由業と土建屋の代弁者」谷伍平@前北九州市長の再来になりそうな悪寒…>柴田国交省局長。その経歴を「必要以上」に活かすことなく北九州市活性化のために頑張ってくれるのなら、応援したいところですが、さてさて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です