東京都心で初雪、観測史上最も遅い記録

 一応統計上は2月までが「冬」なので、「今年(前半)の冬は東京雪無し」という見解は覆らないんだな、これが。

 …宿題の提出遅すぎだよ!(^^;>神様。

 気象庁は16日、東京都心で初雪を観測したと発表した。

 1876年(明治9年)の観測開始以降、最も遅い初雪となった。これまで都心で最も遅かったのは2月10日(1960年)で、47年ぶりに記録を塗り替えた。昨季より95日、平年より73日遅い。

 気象庁によると、関東付近の上空に寒気があり、本州の南海上に低気圧が近づいた影響で、午前7時ごろから約5分間、みぞれが確認された。この時の気温は5・6度だった。その後も時折、雪がちらついた。

 関東地方の気温は、週明けにかけても、平年よりやや低めで推移しそうだという

(3月16日 読売新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です