本願寺次期法主に26歳の三女

 1万人の門徒衆がそれで納得するなら部外者がとやかく言うことじゃないけど、真宗大谷派って先代24世の四兄弟の継承闘争&分派劇以来、悪い方に悪い方に行ってるように思えるのは神楽だけ?。ここだけじゃなく、本流の大谷暢顕門首も後継者いないし、彼の次の代を巡って、また同じような継承争いが起きるんだろうなあ。

 ともあれ、いきなり次期法主に選ばれた純子女史はご苦労なことだよ。お父ちゃんがもう少し…なら、普通の会社員として生きて行けたんだろうにねぇ。

 浄土真宗の宗教法人「本願寺」(京都市右京区)法主の大谷光道師(63)は15日、次期後継者を三女の会社員、純子さん(26)に決めたと発表した。本願寺は、真宗大谷派(本山・東本願寺)の大谷暢顕門首の弟、光道師が宗派間の主導権争いをめぐる「お東紛争」に絡み同派を離脱。昨年2月、京都府から認証を受けて設立した。

(11月16日 産経新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です