早実、悲願の夏制覇=斎藤4連投、13奪三振・無四球-全国高校野球

 エース斎藤が驚異の4日連続完投で早実を悲願の初優勝に導いた-。21日、甲子園球場で行われた第88回全国高校野球選手権大会の決勝戦再試合で、早稲田実(西東京)が3連覇を狙った駒大苫小牧(南北海道)に4-3で競り勝ち、深紅の優勝旗を手にした。

 早実は1回、船橋の適時打で先制。2回には川西が適時二塁打を放ち、序盤で2点をリード。6、7回も1点ずつを加えた。斎藤は被安打6、13奪三振の力投で無四球完投。6回、駒苫の三谷にソロ本塁打を打たれ、土壇場の9回には中沢に今大会通算60号となる2点本塁打を浴びて1点差に迫られたが、冷静に後続を断ち、2日がかりの決勝を1人で投げ切った。

 駒苫のエース田中は、1回途中から前日と同じ救援で登板。最後まで投げて4安打3失点に抑えたが、3連覇の夢には一歩届かなかった。昨夏から続けてきた同校の公式戦連勝も48で止まった。 

(時事通信) – 8月21日

 早稲田実のエース「試合後キャッチボールしながら涙を流す姿が清清しくてカッコいい」斉藤が迎えた駒大苫小牧・最後のバッターは、この決勝戦のもう一人の主役、苫小牧エース「試合後の本間にかけた言葉が漢らしくてカッコいい」田中。

 神様って御方は、真に観るべき「本物」には相応のドラマを用意してくれるんだなあ、と思いました。非論理的ではありますが、世の中そういう真実があってもいいじゃない(^^)/

 再試合となった決勝戦第二ラウンドも、昨日とは別の意味で緊迫したゲームでした(職場でこっそり観戦してたのはヒミツヒミツ☆)。両チームの勝敗を分けたのは、エースに対する監督の信頼の僅かな差etc…色々考えられますが、あくまでもそれは結果論。彼らはベストを尽くしました。それに相応しい成果を残しました。ナイスゲームをありがとう>早稲田実&駒大苫小牧。そしてお疲れ様。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です