日本相撲協会の理事候補選で九重親方落選な件について

f:id:kagura-may:20130629232604j:image

 因果応報。

理事候補選挙、協会ナンバー2の九重親方が落選 大相撲

 公益財団法人に移行した日本相撲協会は31日、東京・両国国技館で新法人の理事候補を決める選挙で、97人の全親方による投票を実施。即日開票され、協会ナンバー2にあたる事業部長の九重親方(元横綱千代の富士)が落選した。事業部長が選挙で落選するのは旧法人時代を含めて初めて。

 旧法人は2年に1度の理事選で親方衆らが直接理事を選んでいた。新法人では外部有識者を含む評議員会に選任権がある。今回の当選者は、大相撲春場所後の3月24日に開かれる評議員会に役員として推薦された上で、決議をもって正式に就任する。同日の理事会で新理事長を互選するが、北の湖理事長が再任される見通しとなっている。

 理事候補には外部理事を除く定員10人に対し、11人が立候補。元理事の友綱親方(元関脇魁輝)が返り咲いたほか、北の湖理事長や貴乃花親方(ともに元横綱)ら7人の現職と、初出馬した出来山(元関脇出羽の花)と松ケ根(元大関若嶋津)の両親方が当選した。

(1月31日 産経新聞)

 それ以上にアレだな。協会内におけるウルフの地力の無さ。とりあえず、彼とは対照的に、どんな状況になってもキッチリ生き残る北の湖のしぶとさと、地盤の分厚さに、意地悪く拍手。

 ここで「【東方MMD】プリズムリバーのとある1日」を紹介。


D

「げつまつ!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です