日本アニメの放映禁止=来月からゴールデンタイムに-中国

 【北京13日時事】13日付の中国紙・北京青年報によると、中国国家ラジオ映画テレビ総局は国内の各放送局を対象に、9月1日から海外のアニメ番組を午後5時から8時までのゴールデンタイムに放映することを禁止する決定を下した。

 香港の人権団体・中国人権民主化運動情報センターによれば、中国で放映される海外アニメの92%は日本製。同センターは「日本のアニメを対象とした措置だ」と指摘した。 

(時事通信) – 8月13日

 んー、どっちかって言うと今回のこの措置は、「日本のアニメコンテンツ=文化排斥」というより「自国のアニメコンテンツ産業育成を目的にした過剰保護政策の一環」と解釈すべきなんですけどね。「日本の」じゃなくて文字通り「海外の」アニメコンテンツが排斥対象と読むのが正しい。

 中国人権民主化運動情報センターとやらの発言は、あまりに発言意図が露骨過ぎて鼻白んじゃうなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です