日本、1次リーグ敗退=王者ブラジルに完敗-玉田の先制ゴール実らず〔W杯本記〕

【ドルトムント(ドイツ)22日時事】サッカーの第18回ワールドカップ(W杯)ドイツ大会第14日の22日夜(日本時間23日未明)、日本はドルトムントW杯競技場で1次リーグF組最終戦を行い、歴代最多5度の優勝を誇るブラジルに1-4で逆転負けした。これで日本は2敗1分けの勝ち点1で同組最下位に終わり、2002年の前回日韓大会に続く2大会連続の決勝トーナメント進出は成らなかった。

 日本はW杯初出場の1998年フランス大会でも1次リーグ3戦全敗で敗退している。

 1次リーグ突破に2点差で勝つことが最低条件だった日本は、前半34分に初めて先発出場したFW玉田圭司(名古屋)の鮮やかなゴールで先制点を奪った。しかし、前半終了間際にロナウドの今大会初ゴールで追い付かれ、後半に入ると、8分、14分に立て続けに失点。さらに、ロナウドにW杯歴代最多得点でゲルト・ミュラー(ドイツ)に並ぶ通算14ゴール目を許した。日本のW杯での4失点は最多。

 連覇を狙うブラジルはW杯連勝記録を10に伸ばし、3戦全勝の勝ち点9でF組1位で通過。オーストラリアが2-2でクロアチアと引き分け、1勝1敗1分け、同4の2位でオセアニア勢として初の決勝トーナメントに進んだ。クロアチアは1敗2分けの同2で3位。

 今大会の日本は1次リーグ初戦で豪州に1-3で逆転負け、第2戦のクロアチアは0-0で引き分けた。ブラジルとはこれで通算6敗2分けとなった。日韓大会後に就任したブラジル人のジーコ監督は、これで退任する。

 E組ではイタリアがチェコを2-0で下し、1位で8大会連続の1次リーグ突破。初出場のガーナは2-1で米国を下し、アフリカ勢で今大会初めてベスト16入りした。 

(時事通信) – 6月23日

 詰まるところ、日本には「年齢を重ねたベテラン」はいても「試合巧者や自分でゲームを操縦できる現場指揮官なベテラン」はいなかった、ということなのでしょう。オーストラリアに続き、今回のブラジル戦でも一旦崩壊した守備を立て直すことが出来ず短時間で失点を続けた姿を見て、そう実感しました。ジーコの「選手個人の完成度依存型」の戦術で戦うには、日本代表はあまりにウブすぎるというか。とりあえず前半の川口はよくやりましたけどね。

 それにしても、ブラジルとの実力差は圧倒的でした。同じ現場の弱さでも、オーストラリア戦の敗戦時は指揮官次第ではもしかしたら…と感じましたが、ブラジル相手には全くと言っていいほどそんな希望を抱くことができませんでした。ロナウジーニョなんて途中から明らかに「流して」いるのに、あのパスのコース精度の見事さはどうですよ。絶好調時の日本代表の誰よりも凄いぞ。ついでにロナウドも復活しちゃうし。あーあ、ミュラー並ばれちゃったよ…彼の最多ゴール記録だけは抜いて欲しくないんですけどね。「古きよき個人サッカー時代」のメモリアルだから。

 1次リーグ敗退は痛いですが、ここまで実力差がハッキリした敗北だと、身の程が知れていっそスッキリしますね。日本代表には新体制で仕切りなおし、4年後に向けて再出発して欲しいところです。

 その際、フィジカルやメンタル面についてはともかくとして、選手各人がどこまで「一パーツではなく、半端な監督モドキでもなく、戦況を読みそして仕切る現場指揮官」の意識と見識を持ちながらプレーをできるようになるか、その指導を行えるかが鍵ではないかと思います。その点から言うと、次期日本代表監督にはオシムがいいなあ。「ブランド好き(えーかげんにせーよ)」の川淵キャプテンはデシャンがお好みらしいけど。

(付記:6/24)

 え?そんなシンプルにオシムでええのん?ジェフとの契約とか大丈夫なん?(^^;。…本音ではデシャンが良かったんだろうなー。川淵キャプテンってば。顔にそう書いてありんすえ~。てか、今回自分の思い通りにコトが運んでいない時点で、そろそろ進退考えないとヤバイってことに気付くべきだとちゃいますか~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です