新たに5選手に裏金=アマ関係者170人にも謝礼-西武球団調査委

 同時に「今の現役選手は処罰しない」と発表する西武球団、超イカス。

 巨人のゴネゴネも結局通らず、今年から撤廃されることになった「希望枠」。さて、今回の騒動で一番馬鹿を観たのは誰?。

 プロ野球西武の裏金問題に関する同球団の調査委員会(委員長=池井優・慶大名誉教授)は4日、都内で中間報告を発表し、既に明らかになっている2選手以外にも、アマチュア5選手(うち外国人1人)に計6160万円を支払ったほか、高校、大学、社会人野球の監督ら関係者延べ170人に選手の入団の謝礼として金銭供与した事実があったことを明らかにした。

 中間報告によると、新たな金銭供与は1978年10月の球団創設からスカウト活動での不正な利益供与を禁じた2005年6月の「倫理行動宣言」が出されるまでの27年間で判明した。支払いは契約金の前渡し、報酬金の前渡し、海外渡航時の餞別(せんべつ)金などの名目で行われたという。5選手のうち2人は当時学生だったため、日本学生野球憲章に違反すると指摘している。また関係者には1人当たり10万円から最高1000万円を商品券や現金により、年間合計約500万円の金銭を支払っていたという。今回発表された調査対象者に関しては、倫理行動宣言以降の不正なスカウト活動は認められなかったという。いずれの件に関しても、倫理行動宣言以前の活動であることや問題の再発防止が主たる目的であることなどを理由に、氏名などを公表しない方針も示された。

 西武のスカウトから不正な金銭供与を受けたとして、既に社会人東京ガスの木村雄太選手、早大野球部(先月退部)の清水勝仁選手の氏名が明らかになっている。また、プロ野球実行委員会は94年以降に新人選手への契約金を最高額1億円(95年以降はさらに出来高払い5000万円)と申し合わせていたが、入団した15選手に上限額をはるかに超えて総額11億9千万円の超過契約金を支払っていたことも明らかにされた。調査委は11日に次回全体会合を開く予定で、20日までに最終報告を行う。 

(4月4日 時事通信)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です