文字通り「往生際の悪い」大月孝行死刑囚@光市母子殺害事件

 好きにすればいいさ。だが、その「どうでもいい」主張を含めて、自身の存在を必要としているのは、この世に弁護士と本人以外誰もいないことを、この人殺しはそろそろ自覚するべきだな。

光市母子殺害事件、弁護団が再審請求方針

 山口県光市の母子殺害事件で、殺人や強姦(ごうかん)致死などの罪に問われ、3月に死刑が確定した元会社員大月(旧姓・福田)孝行死刑囚(31)の弁護団は26日、東京都内で報告会を開き、10月にも広島高裁に裁判のやり直しを求める再審を請求する方針を明らかにした。

 報告によると、8月に弁護団会議を開き、請求時期など詳細を詰める予定。新証拠として、法医学者や心理学者の鑑定結果などを検討しているという。再審請求について、大月死刑囚は「事件が何だったのかを明らかにし、生きて償っていくことが本当の務めだ」と話しているという。

(5月26日 読売新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。