故マンデラ元大統領追悼式でのデタラメ手話男について、南アフリカ大騒ぎ

 ではあるんだが、

 野党は、政府が男性を起用したことを批判。真偽は不明だが、男性がズマ大統領の妻の親戚だとし、「血縁を理由に起用した」と批判する声も出ている。

 というオチで、

f:id:kagura-may:20131214230201j:image

 なんだろーなー。タマサンカ・ジャンティなる御仁の正体と事態の背景は。

 ともあれ、南アフリカという国の一面が良く分かる騒動でありましたのコトよ。

デタラメ手話男、疑惑続出 「殺人で訴追」「学歴詐称」

 【ウムタタ〈南アフリカ南部〉=杉山正】南アフリカのネルソン・マンデラ元大統領の追悼式で、でたらめな手話通訳をした男性(34)が注目を集めている。地元大手メディアは13日、男性が過去に殺人などの罪で訴追されていたと報じた。政府は男性を追悼式で起用した経緯について調査中と繰り返している。

 報道によると、男性は1994年に婦女暴行、95年に窃盗、97年に強盗、2003年に殺人や誘拐の罪などで訴追されたという。このうち、窃盗で男性は有罪判決を受けたが、大半の罪で精神疾患を理由に訴追が取り下げられた模様だとしている。男性がメディアに語った出身大学も存在しないという報道もある。

 野党は、政府が男性を起用したことを批判。真偽は不明だが、男性がズマ大統領の妻の親戚だとし、「血縁を理由に起用した」と批判する声も出ている。

 男性は10日の追悼式でオバマ米大統領らの横に立ち、全く意味の通じない「手話」をした。

(12月14日 朝日新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です