山崎氏 不出馬を表明

 自民党の山崎拓元副総裁は14日午前、9月の総裁選への対応について「天の時、地の利、人の和がそろわないと出られない。今回はいずれも私にとって欠けており、自重する」と述べ、出馬しない考えを表明した。地元・福岡県のRKB毎日放送の番組で語った。

 山崎氏が率いる山崎派(35人)では若手、中堅を中心として、有力候補の安倍晋三官房長官を推す声が多く、ベテラン議員も安倍氏支持の動きを見せている。山崎氏は17日の派閥総会で正式に不出馬を表明する意向で、派閥としての総裁選対応は自主投票になる見通しだ。

 山崎氏の不出馬により、総裁選は安倍氏、谷垣禎一財務相、麻生太郎外相の3氏で争うことがほぼ確定的になった。

(産経新聞) – 8月14日

 はて、この御仁に1つとして揃ったことがあったっけ?>「天の時、地の利、人の和」。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です