家庭料理に菅氏らが挑戦 民主の“意識改革道場”

 民主党は27日夜、千葉県柏市で家事や育児に対する男性議員の意識改革道場「家事場の父力(ちちぢから)」を開催した。男女共同参画推進本部の活動の一環で、本部長の菅直人代表代行ら衆参議員9人が参加。家事は「普段はホットケーキを焼くくらい」の菅氏は、エプロン姿でご飯を炊き、おにぎりを結び、野菜の即席漬けやアサリのみそ汁を作るなど、家庭料理に挑戦。

 「自分でやるのはカップラーメンにお湯を注ぐくらい」(寺田学衆院議員)、「お米をとぐのは、生まれて3回目くらい」(北神圭朗衆院議員)と、これまで家事にはまったく縁がなかった若手議員も、包丁を握り懸命に野菜を刻むなど、一緒に参加した子どもたちと料理に取り組んだ。

(共同通信) – 5月27日

 議員諸氏、サラリーマン同士の諸君、料理はいいぞ~☆。特にお菓子作りは心が和むから、騙されたと思ってやってみるがヨロシ。…騙されてるかもしれないけどな!特に今回の議員諸氏のパフォーマンスの意義については!(笑)。

 それはさておき、管氏がホットケーキを焼けるなんてちょっとビックリ。神楽は結構料理やお菓子作りをやるほうですが、ホットケーキだけは出来が安定しないんですよねえ。粉の混ぜ方と休ませ方とひっくり返すタイミングが大事なのは分かっているんですが、いやあ、仕事と料理は簡単なものほど難しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です