安田好弘弁護士曰く「大月被告は実母の虐待で精神的発達が妨げられ、女性を強姦しようとするまで精神的に成長していなかった」

f:id:kagura-may:20121029212209j:image

 ていうかさ、ごめん。そもそも、これまでの公判を踏まえた上で、突然「強姦しようとするまでの精神的成長が無かった」なんてロジックが出てくる意味が分からない。つか、言葉自体の意味するところも良く分からない。精神的に成長することと、強姦という犯罪を犯すことってリンクしてるものなの?。誰か頭良い人、私にも分かるように安田弁護士の言わんとするところを説明して下さい。

「実母の虐待で精神的発達妨げられた」 弁護団、再審請求 新証拠提出へ

 平成11年に起きた山口県光市の母子殺害事件で、殺人や強姦(ごうかん)致死などの罪で死刑が確定した大月(旧姓福田)孝行死刑囚(31)の弁護団が29日、差し戻し控訴審判決に重大な誤りがあるとして、広島高裁へ再審請求した。

 広島市内で会見した弁護団(本田兆司団長)は、「殺害や強姦する意図はなかったとして立証請求し、新たな審理を求める」と再審請求理由を説明。科学的根拠として、差し戻し上告審で提出したが証拠採用されなかった心理学者による供述や精神状態の鑑定書などを、新証拠として提出するという。

 弁護団の安田好弘弁護士は、鑑定結果をふまえ、乱暴目的で押し入ったとした確定判決について、「実母の虐待で精神的発達が妨げられ、女性を強姦しようとするまで精神的に成長していなかった」と述べた。

 確定判決によると、大月死刑囚は11年4月、光市の会社員、本村洋さん方に乱暴目的で押し入り、妻=当時(23)=と、長女=同(11カ月)=を殺害するなどした。

(10月29日 産経新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です