安倍総理は、特定秘密保護法という劇薬を国民に呑ませる責任から、逃げてはいけない

 立場上も、倫理上も、そして今日の「自分の質疑を終えて退席してからの強行採決」という映像上も。

 あれはいかんよ。何故、泥をかぶらない。かぶるに値する泥だから、強行採決したんじゃないのかね。泥をすすっても前進出来るだけの議席と支持率を持っているから、粛々と採決を進めたんじゃないのかね。

 責任は、形にして背負わないと、大衆には理解してもらえんのと違うのかね。今日の安倍総理の姿には失望したよ。

特定秘密保護法の修正案、衆院通過 与党・みんなが賛成

 自民、公明両与党と日本維新の会、みんなの党がまとめた特定秘密保護法の4党修正案は26日夜、衆院本会議に緊急上程され、自民、公明、みんなの賛成多数で可決された。維新は審議が不十分だとして採決を棄権した。修正案は参院に送付され、27日から審議入りする見通しだ。

 本会議では、民主、共産、生活、社民などが反対。みんなは一部議員が造反し、反対に回った。

 修正案は26日午前の衆院国家安全保障特別委員会で、安倍晋三首相が出席して質疑を行った後、与党が採決を強行。通常は採決前に行う討論を省略し、みんなを加えた賛成多数で可決された。維新は採決を退席し、民主、共産、生活各党は反対した。

(11月26日 朝日新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です