夏の甲子園 決勝は延長十五回で引き分け再試合に

 第88回全国高校野球選手権大会の決勝は20日、阪神甲子園球場で行われ、早稲田実(西東京)と駒大苫小牧(南北海道)が延長十五回1-1で共に譲らず、規定により引き分け・再試合となった。決勝戦の引き分け再試合は1969年の松山商-三沢(当時は延長十八回)以来。

 決勝戦再試合は明日21日午後1時から行われる。

(2006年8月20日(日) 毎日新聞)

 いやあ、なかなか魅せてくれる展開でした!。特に延長に入ってからの攻防はGOOD! VERY GOOD!!。ピンチを背負ってからの駆け引き、田中@駒大苫小牧と斎藤@早稲田実両エースの投手戦がとにかく凄かったです。アマの試合の一球一打で胸が痛くなる展開って久しぶりかも♪。良いモノを魅せて頂きました。眼福眼福。

 今年の高校野球は結果データばかり見てましたが、好ゲームが多かったそうですね。中継の視聴率も10%越えが結構あって、巨人戦中継よりもよっぽどパフォーマンスが良かったとか。 明日は平日ですが、見たがる人多いだろうな。

 明日は37年ぶりの決勝引き分け再試合ですか。さすがに、両チームともエースによる投手戦って展開は無理でしょうが、悔いの無い試合をして欲しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です