呉越同舟

 欧米全域に波及したサブプライム不況に対して、英仏独伊の欧州4カ国は危機打開に向けてG8緊急首脳会議を早急に開催するよう声明を発表。しかし、金融機関の安定化に向けた欧州全体の協調については、具体策が示されないままという片手落ち。

 四カ国の全面的な協調がならず、中でも一番文句をブーたれているのがドイツという理由はアレですな。アメリカと一蓮托生で大損こいている金融国イギリスや、政策ミスによる財政赤字で首が回らなくなっているフランスやイタリアに付き合って、なんで実体経済が回復基調の俺達が苦労せにゃならんの?って気分なんでしょう。フランスに対してはもっと別の心情的に嫌悪バリバリでしょうけどね。「反米仲間だって信じてたのに(キーッ!)」って。しかし、そんな呉越同舟な関係でも一蓮托生にならざるを得ないのが、今のEUの辛いところ。ドイツ乙!(^^;であります。

 それと比べれば、日本はまだ恵まれている環境にありますね。いや、むしろ攻め時か?。リーマンやモルガン・スタンレーなどの欧米系金融機関/市場を狩場にしている野村や三菱に続いて、米保険大手AIGが日本国内で展開している生命保険事業の買収に東京海上HDが名乗りを挙げており、エネルギー関係でも原発や液化石炭その他新エネルギー分野などで日系企業のステータスが日増しに高まっていますしね。巧遅より拙速。戦はタイミングだよ、アニキ!。もっとも、足元の国内では「体力回復」が第一義ですけどね。だから今の「上げ潮派」はノーサンキュー。

今日の一銘柄

  • カルチュア・コンビニエンス・クラブ(4756):CD/DVDレンタル、販売等首位のTSUTAYAをFC展開。ネット、「Tカード」事業育成。順調に拡大している「Tカード」事業に加え、9月末発表のデジタルテレビ向けネット・サービス「アクトビラ」への参入が好材料。春先から株価は回復基調で、そろそろ割高かな?と考えていましたが、もう少し冒険できそうな雰囲気ということでちょいプッシュ。10/3終値は前日比4円高の756円。10月第4週中の目標株価820円。向こう半年間の目標株価1,050円。

 ここで脈絡無く「アイドルマスター 『檻の中の少女』 Sound Horizon」を紹介。


D

新アルバム「Moira」がヒットを飛ばしているサンホラですが、金曜の読売新聞夕刊に先日のコンサートの記事があったと聞いて、早速お取り寄せ。で、感想。「写真は大きくて良かったね♪」。一方、肝心の記事の中身はと言うと…とりあえず、皆さん。「Moira」買おうぜ!。本作の正しい世界観を知るためにも。

6th Story CD「Moira」(通常盤)

6th Story CD「Moira」(通常盤)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です