友の記憶

f:id:kagura-may:20070308215939j:image

 実はこの人のマニフェストって、石原知事とベクトルが違うだけの「公私混同」だったりするんだな。

黒川氏ポルシェ登庁!珍マニフェスト連発…都知事選22日告示

 東京都知事選(22日告示、4月8日投開票)に出馬する世界的建築家の黒川紀章氏(72)が5日、都庁内で記者会見し「マニフェスト(第2次)」を発表した。官舎や公用車を使用しないなどの公約を掲げた黒川氏は「日曜日に執務する時には、目立たないよう夜、ポルシェを運転して来たい」と“ポルシェ登庁”を宣言。また、選挙では最後の立会演説会で、妻で女優の若尾文子さん(73)が応援にかけつけるというサプライズを自ら披露した。

 自ら都の財政再建の一端をになうと宣言した黒川氏。世界的建築家として活躍してきたその“資金力”を自ら語り出した。「私は残念ながら(資金に)余裕があります。本を100冊も書いてますし、印税の収入もあります」

 マニフェストには、都知事としての給与は無給とし、官舎、公用車も使用しないなどと記している。黒川氏は「預金もびっくりするくらいあります。それはうちの奥さんの分を入れずにですよ。今さら公用車を使わせていただく理由がない」と説明。

 登庁の際には、「昔から運転手付きのセンチュリーを使っておりますので、普通にそれを使うだけ」とし、「どうしても日曜日に執務する時には、目立たないように夜、ポルシェで来たいと思います」と、ポルシェで登庁することを宣言した。

 選挙準備も着実と進んでいる。すでに3万6000人の「勝手連」が動き出しているとし「公示日までには30万人になる」と予想。事務所は銀座に構える予定で、黒川氏自ら空き地を探して回っているという。

 妻で女優の若尾さんも協力的だ。「うちのワイフもなかなかのもの。かねてからこのような(出馬)ことになることを知っていた」とニヤリ。選挙の際には「サプライズだと思うんですが、最後の立会演説の時に、現れるんじゃないかと期待しています」。

 だが、直後に「こういうのは言わないのがサプライズなんだけど…今日言っちゃったんじゃ、サプライズにならないな」と苦笑いする黒川氏に、報道陣からは失笑が漏れた。

 親友でもある石原慎太郎氏とは、立候補表明以来、直接話ができていないという。石原氏が「(黒川氏の)言っていることが、よくわからない」と話したことについて、黒川氏は「それはわからないでしょ。まったく勉強してないから」と切り捨てた。

 また、いまだ正式な出馬表明をしていない浅野史郎氏に対しては「『フリーズ』とか『プリーズ』とか、ひどすぎる。もうちょっと政策を言ってほしい。都の財政は黒字。宮城は赤字で東京に来たいのもわかる」と皮肉った。パリ滞在発言も撤回し4月8日の投開票日には「日本にいます」と宣言、黒川氏は完全に戦闘モードに入った。

 ◆都庁舎は売却する 黒川氏は、マニフェストで都庁舎を売却することも明らかにした。都庁舎は、黒川氏が師事した世界的建築家の故丹下健三氏が設計したが、建設当時から黒川氏は外観や設計入札の経緯に批判的だった。都庁舎のほか、国際フォーラム、江戸博物館を将来文化財として残すことを条件に民間企業に売却することや都の不良債権を情報公開し財政再建を進めることを強調。首都機能も「一部移転を進める」とした。

 ◆都知事と公用車 現在、石原知事が使用している公用車は国産セダン最高級車のトヨタ・センチュリー(価格1100万円)で、リース契約の形を取っており、リース料は1年間で200万円を超える。自動車電話や警察無線が搭載される特別仕様車。予備車は、高級ワゴンの日産・エルグランドで年間リース料は約95万円。また都知事には2人のSPが同行している。全国の知事の中で、常時警護が付いているのは都知事だけ。

(3月6日 スポーツ報知)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です