千葉県警本部長呼べ!警察庁キャリアが成田空港で暴言・暴行

 「知識はあっても教養はない。自尊心はあっても自制心はない」とロイエンタール提督@銀河英雄伝説に揶揄&冷笑されてもしょうがない、人の器の容量が150ml以下な警視殿M氏30ウン歳@人事課課長補佐。とりあえず、「警察官だから持って行ってもいいじゃないか」は相当マズイだろ。立場的に。

(1/17追記)

 さっき、ネットを回ってみたら、M氏の実名からキャリア、果てには本件に関しての内規違反疑惑(無届けの海外渡航)まで晒されていますな。ネットの調査力は相変わらず迅速というか、容赦が無いというか(^^;。そりゃ、権力側も規制をかけたくなるわなーと再認識。本件のようなケースで、「活用」するのもまた権力側だけど。

 警察庁の30代男性警視が昨年末、成田空港手荷物検査場で、国際線航空機内への持ち込みが禁止されている100ミリリットルを超える液体を持ち込もうとして女性検査員にとがめられた際、暴言を吐いたうえ、手荷物を載せるトレーを投げる暴行を加えていたことが15日、分かった。

 同庁によると、男性警視は人事課課長補佐。

 手荷物検査を請け負う財団法人・空港保安事業センター(成田市)は千葉県警に被害届を提出、県警は暴行容疑で捜査している。

 関係者などによると、警視は昨年12月24日正午ごろ、成田空港第2ターミナルの手荷物検査場で、テロ対策のため国際線の客室内に持ち込みが禁止されている150ミリリットル容器に入った男性用化粧水を持ち込もうとした。30代の女性検査員が持ち込み禁止を説明したところ、「警察官だから持って行ってもいいじゃないか」「千葉県警本部長を呼べ」などと暴言を吐いたうえ、検査対象物を載せるトレーを放り投げた。トレーは女性検査員の肩や足に当たったが、けがはなかった。

 直後に男性官僚は県警空港警備隊などから任意の事情聴取を受けたが、逮捕はされず、そのままドイツへ出国していた。

 女性検査員に対しては事情聴取後に「申し訳ありませんでした」と謝罪したという。

(1月15日 産経新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です