加護解雇!喫煙認めた…芸能界復帰絶望か

 このご時世、端から芸能人(≒加護女史)に品行方正さを求めたりなんぞしませんが、当事者の片割れ・石本靖幸氏って、前の時も「当事者」かその周辺じゃなかったか?。

 アイドル食いが趣味なのはしょうがないとして、イエローカード1枚喰らっている未成年のコと温泉旅行でシッポリの挙句に車中の喫煙放置ってのは、ちょっと脇が甘いというか、学習能力無いというか、本能的欲求以外には無頓着というか…。だいたいあんた婚約者持ちだろ?。彼女にどう説明するつもりなのよ?>石本靖幸氏。 

 26日発売の「週刊現代」で18歳年上男性と温泉旅行と車内喫煙を報じられた元「モーニング娘。」の加護亜依(19)について、所属事務所のアップフロントエージェンシーは同日、加護との契約解除を発表した。加護は昨年2月に写真誌「フライデー」に喫煙写真が報じられ謹慎処分になっていた。今年に入って所属事務所の仕事を手伝うなど復帰を目指していたが、2度目の喫煙発覚に、所属事務所も解雇という厳しい処分を下した。

 「あいぼん」の愛称でファンから親しまれてきたトップアイドルは、周囲が慎重に進めてきた芸能界復帰の道を、自らの軽率な行為によって閉ざしてしまった。

 この日発売の「週刊現代」によると、加護は3月17日に都内で人気カフェ「SOMA」を経営する石本靖幸氏(37)と群馬・草津温泉の旅館に車で訪れ1泊した。同誌は翌日、手を握りあいながら旅館を後にするツーショットを掲載。帰りの車中では加護は助手席で、たばこを吸っていたことを克明にリポートしている。

 所属するアップフロントエージェンシーでは、24日に同誌の記事の内容を把握。その後、加護本人から事情を聞くなどしたところ、本人が事実であることを認めたため、契約解除に踏み切った。未成年のため最終結論は親権者との協議後になるが、加護の家族は「お任せします」と事務所の方針に従うとしており、早ければ今月中にも正式解雇が決定。モー娘からのパートナーである辻希美(19)とのユニット「W(ダブルユー)」も、これで事実上消滅することになった。

 加護は昨年1月に都内のレストランで喫煙している姿を写真誌「フライデー」にすっぱ抜かれた。未成年アイドルの喫煙に事態を重く見た所属事務所は、事実確認した上で雑誌発売の前日に謹慎を発表。加護は実家のある奈良県で謹慎していたが、今年に入って上京。事務所で事務手伝いやお茶くみなどをしながら、復帰を目指していた。その矢先に起きた再度の喫煙の事実には、復帰の時期を探っていた所属事務所も最悪の決断を下さざるを得なかった。

 同事務所はこの日夕、川口勇吉会長名で報道各社にファクスを送付。「1年前の喫煙問題の時は、まだ将来性のある17歳という年齢も考慮し、実家での処分を科しました。1年間の反省過程をみて話し合いの場を設け、再起に向けて一から準備を始めるため、今年の1月23日に上京してから、事務所で社会勉強と事務の手伝いをさせていました」とこれまでの経過を説明。「約2か月間きちんとした勤務ぶりでしたが、今回に関しては2度目ということもあり、復帰については断念することにしました」と、契約解除の理由を記している。未成年アイドルを多数抱えているアップフロントエージェンシーは、再発防止のため指導の再徹底を行っていくとしている。

 ◆加護 亜依(かご・あい)1988年2月7日、奈良県生まれ。19歳。2000年4月、アイドルユニット「モーニング娘。」の追加オーディションで2万5000人の応募者の中から石川梨華、吉澤ひとみらとともに第4期メンバーとして加入。同年、NHK紅白歌合戦に紅組最年少出場。04年5月に辻希美とデュオ「W(ダブルユー)」を結成し、同8月にモー娘を卒業した。血液型AB。

(3月27日 スポーツ報知)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です