保護者同伴でレディース暴走族解散式

 美談仕立てにしているけど、要は、監視&売●斡旋係のチンピラがパクられたのをきっかけに、ケツモチの●●●とも関係を切りたいけど、勝手にグループ解散させるとどんな制裁喰らうか分からないから、警察と保護者引っ張り出して一茶番打ったってことでしょ?。超みっともない。

 安城市のチームが中村署で解散式ってことは、ケツモチは某六代目系列でしょうな。まったく、アウトローを貫く覚悟も無いのに半端なことやって、大きな●●●に迷惑かけてんじゃないよ。神楽は巨悪や黒幕って類も好きじゃありませんけど、この手の精神の背骨が軟弱な輩の方が百倍嫌いです。

 少女だけの暴走族(レディース)グループの解散式が13日、愛知県警中村署であり、メンバーの保護者も参加して解散宣言した。

 グループは、15歳から17歳の8人で活動していた「牙彪乱(きひょうらん)」。メンバーは解散式で暴走族の象徴の特攻服を提出。元総長の少女(17)が「今まで親に掛けた心配、地域に与えた不安を反省したい」と誓った。同署は記念品として「ONE STEP FOR TOMORROW」(あすへの一歩)のメッセージ入りの携帯ストラップを贈呈。

 中村署によると、グループは昨年12月に結成。同県安城市を拠点に活動していたが、5月にグループの資金を管理していた男が脅迫容疑などで逮捕され、解散を決めた。

 保護者参加の異例の解散式にこぎ着けた中村署の担当者は「子どもたちが勇気を持って解散を決断した。親も参加することで子を認める気持ちを示してほしい、と説得した」と話した。

(6月13日 日刊スポーツ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です