事務所費問題で首相、党に政治資金規正法見直し指示へ

 【ブリュッセル=林博英】安倍首相は11日午後(日本時間11日深夜)、ブリュッセル市内で同行記者団と懇談し、政治資金規正法の透明性を高めるため、同法改正を検討するよう自民党に指示する考えを示した。

 首相は、伊吹文部科学相、松岡農相の資金管理団体などが多額の事務所費を計上していた問題に関連し、「政治家は常に襟を正さなければならない。国民から信頼されるように法にのっとって(政治資金を)適切に処理することが大切だ」と述べた。ただ、「(両閣僚から)『法にのっとって適切に処理されている』と報告を受けている。(国民にも)説明していると思う」と述べ、両閣僚については問題はないとする見解を表明した。

(1月12日 読売新聞)

「(両閣僚から)『法にのっとって適切に処理されている』と報告を受けている。(国民にも)説明していると思う」

 安倍総理「騙されてるんじゃないぞ!立場上騙されなきゃいかんのだ!」スメルがプンプンする今回の騒動。先の社会保険料未納事件のような幕引きだけは避けたいんでしょうが、佐田の直後なだけにそれは通じますかねえ?。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です