亀田大の世界ランク見送り 協栄・金平会長は抗議へ

 つまりこれは、「あの」WBAでさえ「タフミルはランキング通りの実力を有さない地元限定な内弁慶orポンコツロートル」と認めたってことですかな。「そもそもタフミルって大毅より下のライトフライ級の選手じゃん!」というのは置いといて。

 「亀田一派の茶番もとい興行自体には目をつぶってやってんだから、限度を越えた大口叩いたり分不相応な贅沢ばっかり言うな。こちとら、おまいらのせいで周辺からの監視の目が厳しくなってメイワクだ。つーわけで今回はその意思表示ね♪」というWBAの本音が聞こえてくるのは幻聴なんだろうな。多分。

 どっちにしてもアレだ。モノには限度があるってこと。日本だろーが世界だろーが。ついでに米国@和毅の逃亡先候補だろーが。

 世界ボクシング協会(WBA)は5日付で最新の世界ランキングを発表したが、2月23日にWBAライトフライ級4位のビッキー・タフミル(インドネシア)に3回KO勝ちした亀田大毅(協栄)のランク入りはならなかった。タフミルはランキングから外れた。

 亀田大は「亀田3兄弟」の二男。世界上位ランカーにKO勝ちした選手がランキング入りを見送られるのは異例だ。協栄ジムの金平桂一郎会長は「WBAの前例に照らして、大毅はランキング入りの資格は十分に有しているはず。理由について確認したい」と日本ボクシングコミッション(JBC)を通じてWBAに抗議文を送る意向を明らかにした。

(共同通信社 2007年3月6日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です