乃木坂46にブーイングの嵐 ~ レッズサポのガラの悪い率直さもこういう時には役に立つ

 サッカーに限らず、バレーボールでも野球でも、スポーツイベントでのこの手の営業活動は、該当タレントのヲタ以外邪魔なだけ。ましてや、AKB48一派の歌なんて、AKBヲタ以外誰が喜ぶんだと。

乃木坂46に大ブーイング

 スカパー!Jリーグ2012オフィシャルサポーターを務める乃木坂46が21日、さいたま市のNACK5スタジアム大宮で行ったイベントライブで大ブーイングを浴びた。

 J1大宮‐浦和の試合前、スカパー‐の公式応援ソング「左胸の勇気」を披露したメンバーだが、浦和サポーターによる強烈な“洗礼”を受けてしまった。

 めげずに歌い終えた斎藤ちはるは「何も反応がないよりも頑張ろうと思うので」とけなげ。父方の祖母の兄が、メキシコ五輪で銅メダルを獲得したサッカー日本代表の鈴木良三氏という血統の持ち主は、「こんな所で歌わせてもらえるとは思わなかったのでうれしかったです」と笑顔だった。

(4月21日 デイリースポーツ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です