中田英氏の引退試合なし クラブW杯出場打診も断念

日本サッカー協会の川淵三郎会長は25日、日本代表MFとして活躍してワールドカップ(W杯)ドイツ大会後に引退した中田英寿氏が引退試合をしない意向であることを明らかにした。中田氏のマネジメント事務所の社長が川淵会長に中田氏が今後プレーする気持ちがないことを伝えた。

 川淵会長は12月に日本で開かれるクラブワールドカップに出場するオークランド(ニュージーランド)の選手としてのプレーを打診する姿勢だったが、断念した。

(共同通信社 2006年9月25日)

 色々と自分の限界を思い知らされた後なんだから、そっとしておいてやれと>ヒデ。で、もう黙ってろと>川淵。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です