中田英寿が現役引退 公式HPで発表

 サッカー日本代表MFの中田英寿(29)が3日、自身の公式ホームページ『nakata.net』で現役引退を発表した。

 中田英は、ワールドカップ(W杯)ドイツ大会・グループリーグのブラジル戦の前に、同HPで「最後」を強調した言葉を掲載していた。次回2010年南アフリカW杯では33歳となることから、ドイツ大会後の「代表引退」がうわさされていたが、今回の突然の「現役引退」発表で、代表だけでなくサッカー選手としてのキャリアにも終止符を打つことになった。

(2006年7月3日(月) スポーツナビ)

 まずはビックリ。とりあえずお疲れ様。で、同日のもう一つの記事

中田英、東ハト執行役を継続へ=サッカー日本代表

 山崎製パンは3日、東ハトの執行役員を務めるの中田英寿選手(29)を、東ハト買収後も同職に起用すると発表した。山崎製パンは中田選手を「若い人に人気があり、非常に熱心な方」(飯島延浩社長)と評価しており、引き続き東ハトのブランド戦略策定を依頼したい考えだ。

 東ハトは2003年7月、経営再建で「チャレンジスピリッツを発揮するため」中田選手をブランド担当の執行役員に起用。海外に拠点を置く中田選手は電話や社内ネットワークを使い、会議に参加していた。 

(2006年7月3日(月) 時事通信)

 両方の記事には約9時間のタイムラグがありますが(前者が21:00頃、後者が12:00頃)…とりあえず様子見かな。てか、ヒデの「サッカー選手じゃない、純粋な事業家・ビジネスマン」としての素養ってどの程度なもんなんだろう?。

ナカタ ノ ナカミ

ナカタ ノ ナカミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です