中川政調会長、「造反組」復党の可能性を明言

 自民党の中川政調会長は6日のテレビ朝日の報道番組で、郵政民営化関連法案に反対し、自民党を離党した「造反組」議員の復党について、「野党への政権交代が日本の将来のためにならないという方向で一致すれば、協力関係も作るべきだ。(復党の可能性は)ある」と明言した。

 復党の条件に関しては、番組後、記者団に「新政権の公約に賛成すること、臨時国会、通常国会での(法案などへの)対応を見ることが考えられる」と述べた。

(読売新聞) – 8月6日

 もともと利害で対立していたんだから、利害が一致すれば手打ちも当然かもしれませんが、縁を切った方からラブコールってのも芸が無い話ですな。それとも今回の発言自体が新しい踏み絵なのかしらん?

 そういや、長野知事選で勝利した村井氏も「郵政民営化に反対&引退した自民党・元議員を自民党が支持」って構図なんですよね。一応村井氏は知事選前に離党しているけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です