ミヒャエル様が見てる

 他車のアタックは乱さないように、赤いハネウマに無理させないように、ゆっくりとコースを塞ぐのがモナコでのたしなみ。もちろん、チームオーダーをごり押しするなどといった、はしたないドライバーなど存在しない。ともあれ、お疲れ様でした>赤い皇帝さん。

ブラジルGP – 決勝 マッサ、母国GPを制す! タイトルはアロンソに

2006年F1世界選手権第18戦ブラジルGP決勝が23日(月)深夜2時、現地時間22日(日)14時からブラジル、インテルラゴス・サーキットで行われた。

2006年ワールドチャンピオン決定戦。前日の予選でまさかのトラブルに見舞われたミハエル・シューマッハ(フェラーリ)は10番グリッドから、対するチャンピオンシップリーダーのフェルナンド・アロンソ(ルノー)が4番手からスタートした決勝レースは、序盤で、またも不運なアクシデントに見舞われたシューマッハがポジションを失うなど、波乱の展開となった。

世界中から注目が集まるインテルラゴスで、優勝を果たしたのはフェラーリのフェリペ・マッサ。母国レースで見事なポール・トゥ・ウインだった。

アロンソが2位に入り、2年連続でワールドチャンピオンに輝いている。Honda Racing F1のジェンソン・バトンが3位表彰台を獲得している。

コンストラクターズ選手権は、ルノーが制し、こちらも2連覇を達成した。

以下入賞は、4位シューマッハ、5位キミ・ライコネン(マクラーレン)、6位ジャンカルロ・フィジケラ(ルノー)、7位ルーベンス・バリチェロ(Honda Racing F1)、8位ペドロ・デ・ラ・ロサ(マクラーレン)となっている。

トヨタのラルフ・シューマッハとヤルノ・トゥルーリは、序盤、トラブルを抱えてしまったのか、相次いでガレージに収まり、そのままレースを終えている。

SUPER AGURIの佐藤琢磨は素晴らしいペースを披露し、見事、トップ10入りを果たした。一方の山本左近も16位で完走し、ダブルフィニッシュとなっている。

(F1-Live.com) – 10月23日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です