ヘナギのごとく!

f:id:kagura-may:20070222023201j:image

 なーんか、いやな予感がするよママン>北京五輪サッカー二次予選

ハヤテのごとく! (10) (少年サンデーコミックス)

ハヤテのごとく! (10) (少年サンデーコミックス)

日本、米国と分ける=サッカーU22、ゴール割れず0-0

 来年の北京五輪出場を目指すサッカーの22歳以下(U22)日本代表は21日、熊本県民総合運動公園陸上競技場でU22米国代表と国際親善試合を行い、0-0のまま引き分けた。

 日本は前線に平山(F東京)、カレン(磐田)、李(柏)を置く3-4-3の布陣でスタート。序盤から好機を築き、平山らが再三惜しいシュートを放ったが、最後までゴールを割ることができなかった。

 日本は28日に東京・国立競技場で北京五輪アジア2次予選初戦の香港戦に臨む。 

(2月21日 時事通信)

「絞れてきたという実感はある」平山相太=U-22サッカー日本代表

 U-22(22歳以下)サッカー日本代表は21日、熊本県民総合運動公園陸上競技場で国際親善試合「KIRIN WORLD CHALLENGE キリンチャレンジカップ 2007」のU-22米国代表戦を行い、0-0で引き分けた。

 以下は試合後の、平山相太(FC東京)のコメント。

「悲観せずに(やっていきたい)。調子は良くなっている。この時期の課題は体重を減らすことと、けがをしないこと。(体が)絞れてきたという実感はある。(カレン、李との)3トップはやりやすかった」

(2月21日 スポーツナビ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です