フジTOBに協力約束=買い占め提案直後に-ライブドアと競合狙う・村上容疑者

 「村上ファンド」によるニッポン放送株のインサイダー取引事件で、村上世彰容疑者(46)がライブドアから同放送株の買い占めを知らされた直後、フジテレビ側から同放送のTOB(株式公開買い付け)計画を聞き、協力を約束していたことが9日、関係者の話で分かった。

 東京地検特捜部は、同容疑者がフジテレビとライブドアの両者に協力姿勢を示し、競合させることで株価引き上げを狙ったとみて、実態解明を進めている。

 村上容疑者は、2004年11月8日にライブドアから大量買い占め方針を知らされながら、公表前に同放送株を買い付けた疑いが持たれている。

 関係者によると、村上容疑者はこの直後の同月10日ごろ、フジテレビ幹部から「ニッポン放送のTOBを近く実施した場合、応じるつもりはあるか」と打診を受けた。同容疑者はこれに協力を約束し、直後から同放送株の取得を加速させた。

 フジテレビ側は成立する公算が大きいと判断し、昨年1月17日にTOBを実施。しかし、村上容疑者はTOBに応ぜず、2月8日のライブドアによる買い占め公表後に保有株の大半を売却、多額の利益を得ていた。 

(時事通信) – 6月9日

 村上容疑者のフジテレビに対する行動自身は遺法ではありません。が、やられた方はライブドア含めて烈火のごとく怒っただろうと容易に推測。結局こういうことの積み重ねなんですよね。村上容疑者が自分の逃げ場所を「国内」に置けなくなっていった理由ってのは。

 ちなみに同じような理由から、稼げば稼ぐほど人望を無くしていったのが野村證券時代の北尾吉孝氏@SBI。この人にホリエモンや村上容疑者を悪く言う資格なんて無いと思いますがねえ。今も、野村證券上層部&○○○から村八分にされた時に拾ってくれた孫氏@ソフトバンクに対して恩知らずなことを色々やってる同氏ですが、(合法遺法云々や村上容疑者のように業界から排除されるかどうかは別として)この人にもいつか「しっぺ返し」が来る様な気がします。とりあえず、マッチポンプで業績吊り上げられるIT関連以外の業態に、殆どノー審査(あるいは他人の目利き頼り)で投資するのは止めてもらえませんかね>SBI。

言っている事は正しい。言っている人が怪しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です