パトカーに卵→車と衝突→ミニバイク中2女子2人重体

 28日午前6時ごろ、奈良県橿原市葛本町の国道24号交差点で、県警橿原署のパトカーに追跡されていた同市立中学2年の女子生徒2人(いずれも14歳)が乗っていたミニバイクが、対向の同市内の専門学校生(32)の軽ワゴン車と衝突、女子生徒の1人ははずみでパトカーにぶつかり、もう1人は路上に投げ出され、いずれも意識不明の重体。専門学校生は右足に軽傷。

 調べによると、同日午前5時30分ごろ、現場から北東600メートルの同署葛本交番に生卵が投げられ、捜査していたパトカーが不審なバイクを発見、パトカーに向けて卵を投げ付けるなどしたため、追跡していた。

 同署の松岡幸司署長は「適正な職務執行と判断している」と話している。

(読売新聞) – 10月28日

 …とりあえず、某2名の親は逆恨みだけはしないように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です