ドラえもん出演の日露アニメ、著作権調整つかず見送り

 ローゼン閣下大チョンボ。外交ツールにアニメ&漫画を持ち出す意味云々の前に、関係者との調整も半端な時点で情報を小出しにしてその挙句に計画頓挫、大統領夫人その他関係者の名誉に傷をつけるとは、何考えているんだか。

 こういうことはさ、結果どうなるかというよりも、関係者の心情&信頼感の問題なんだからさ。ちゃんと手順踏もうよ。思いつきや行き当たりばったりじゃなく。

 【リマ=加藤淳】麻生首相は22日のメドベージェフ露大統領との首脳会談で、「ドラえもん」とロシア民話に登場する「ドラフェイ」が共演するアニメの共同制作の提案を見送った。

 外務省幹部によると、共同制作はもともとスベトラーナ大統領夫人のアイデアだったが、著作権者との調整がつかなかった。

 日本政府は文化交流の一環と位置づけ、「マンガ」に強い首相から提案する方向で調整を進めていた。

(11月23日 読売新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です