セラーテムって野村證券主幹事じゃなかったっけ?

 オリンパス事件といい、AIJ事件といい、大阪産業大学とのデリバティブ損失絡みの裁判で負けた件といい、最近の野村は呪われてるとしか思えんな。

企業買収で架空増資か 監視委がIT関連企業を強制調査

 大証ジャスダック上場のITソフトウエア関連会社「セラーテムテクノロジー」(東京都中央区)が平成21年、中国企業買収に関連して行ったとされる第三者割当増資が架空だった疑いが強まり、証券取引等監視委員会が金融商品取引法違反(偽計取引)の疑いで強制調査したことが26日、関係者への取材で分かった。監視委はセラーテム社の株価つり上げが目的とみて、中国金融当局に資料提供を要請するなど、同社社長(38)らの刑事告発に向け調査を進める。

 関係者によると、同社は21年11月、中国市場への参入名目で、中国・北京のソフトウエア開発会社を子会社化すると発表。買収資金約15億円は英領バージン諸島のファンドを引受先とする第三者割当増資で調達するとし、同年12月に子会社化が完了したとしていた。

 だが、公表された増資は実際は行われず、買収は自社株と中国企業株を交換する形が取られた。中国企業側はセラーテム社に複数の役員を送り込み実質支配。経営不振による株価低迷を払拭(ふっしょく)したい同社と、審査を経ずに上場企業を支配する「裏口上場」をもくろむ中国企業側の思惑が一致したとみられる。

(2月26日 産経新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です