スケート連盟元会長ら3人、背任容疑で逮捕

 「日本スケート連盟」(東京都渋谷区)の裏金疑惑で、警視庁捜査2課は3日、元会長の久永勝一郎容疑者(75)ら3人を背任容疑で逮捕した。

 ほかに逮捕されたのは、元専務理事の松本充雄(69)、渋谷区の旅行会社「フロントライン」役員の中林篤治(56)両容疑者。

 3人は、久永容疑者が2004年6月に会長を退任するまでの約4年間に、約10の国際大会で総額約4000万円の裏金を作った。捜査2課は、うち約1000万円を久永容疑者が私的流用したとみて追及している。

 調べによると、久永容疑者らは、02年3月に長野市で開かれた世界フィギュア大会の際、選手らの宿泊手配などの委託先だったフロントラインから、あらかじめ現金約580万円を受け取って裏金としてプールしたうえ、大会の正規の予算から、実際の委託費に裏金分を上乗せして同社に支払い、連盟に損害を与えた疑い。3人はいずれも容疑を認めている。

(読売新聞) – 10月3日

 影の主役の一人・城田憲子女史は逃げ切れ…ないだろーなー。多分。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です