サッカー日本代表、PK戦の末に韓国に敗れる=アジアカップ

 …やっちまったZE(^^;>羽生。後半-延長と数で勝りながら攻めきれなった日本イレブン。単に攻めきれないってだけじゃなく、味方同士の接触などで再三好機を「自滅的」に潰してましたな。

 「どうやっても勝てない時」ってこういう時のことを指すのかなあ。うーん…次がんばれ>ALL。

 サッカー日本代表は28日、インドネシアのパレンバンでアジアカップ3位決定戦の韓国戦に臨み、0-0のまま延長戦を含む120分間を戦っても決着つかず、PK戦の末に5-6で敗れた。

 前半は一進一退の攻防が続いたが、後半に韓国が退場者を出し、日本が数的優位に立った。しかし前後半の90分間では得点を奪えず、0-0のまま延長戦に突入。延長戦でも日本の佐藤、羽生らが決定機をつかんだが、韓国のGKイ・ウンジェの好守もあり、得点を奪えなかった。PK戦では先行の韓国が全員成功させたが、日本は6人目の羽生が止められ、5-6で敗れた。日本の最終結果は4位。3位の韓国が次回大会のシード権を得た。

<日本代表メンバー>

GK:1 川口能活(cap)

DF:3 駒野友一、6 阿部勇樹、21 加地亮、22 中澤佑二

MF:7 遠藤保仁、9 山岸智→ 11 佐藤寿人(後半33分)、10 中村俊輔、13 鈴木啓太、14 中村憲剛→ 8 羽生直剛(後半27分)

FW:19 高原直泰→ 20 矢野貴章(延長後半10分)

サブ:18 楢崎正剛、23 川島永嗣、5 坪井慶介、2 今野泰幸、15 水野晃樹、24 橋本英郎、28 太田吉彰、29 伊野波雅彦、12 巻誠一郎

(7月29日 スポーツナビ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です