コンドーム装着器に「最も美しい」作品賞

 

 お口を使って着けて貰う感じになるのかな?>装着プロセス。そういや、作りも肉厚な女性の唇に似てないこともない(下品で失礼!)。

3秒以内にコンドームを装着できる

 「あの間」がイヤンな人は多いんでしょうが、その間を楽しむような会話を演出するのも、「お勤め」のうちだと思うがなー。一般的にはどんなもんなんでしょ?

 P.S.

 そういや、昨年の日本じゃ「これ↓」がグッドデザイン審査の対象から外されたんですよね。今回の件との違いはお国柄なのか、それとも製品の目的が微妙に似て異なるモノだからなのか。うーん(^^;

 http://d.hatena.ne.jp/kagura-may/20060902/p5

 [ケープタウン 23日 ロイター] 南アフリカのケープタウンで開催されたデザイン博覧会で、コンドームの装着を容易にした器具に「最も美しいオブジェクト」賞が与えられた。 同賞にはこのほか、超近代的なプレハブ住宅など14作品が候補に挙がっていた。

 受賞作品の考案者Roelf Mulder氏は、同器具を使うことで3秒以内にコンドームを装着できるようになるとしている。

 また、デザインに6年を費やしたという同器具により、人口の10%以上がHIVウィルスに感染している南アフリカなどで性感染症予防に貢献できると話している。

(2月26日 ロイター)

1 個のコメント

  •  本日のペログリの記事について、今度はこんな怪しいドタバタも。

    田中前知事の元後援会幹部問題:百条委証言「うそだった」--岡部元参事 /長野
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070302-00000071-mailo-l20

     で、例に漏れず「この件も冤罪&陰謀だー!」と騒いでいる人も居るわけですが、ぶっちゃけ岡部元参事一人の証言だけで、県警が書類送検するなんてことはありえないわけで。記事中の岡部元参事のコメントも「前知事の関与は実質的にあったが自分の証言は嘘」と、非常に奥歯に物の挟まったモノなわけで。まあ、これまでの証言も今回の前言撤回も基本的に「政争in長野」の一環での茶番なんでしょう、てなわけで、来るべき第二幕、第三幕の香ばしさが今から楽しみです♪

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です