エイズ検査目的の献血はテロ行為に過ぎない件について

 エイズウィルスをばら撒くという行為の危険性以上に、結果として自分の利益にもならない行為に、他人を巻き込む身勝手さにおいて、エイズ検査目的の献血は、無差別テロ行為以外の何物でもない。

1人がHIV感染=献血血液で60代男性―輸血後、検査で陽性・日赤

 エイズウイルス(HIV)に感染した献血者の血液が、日本赤十字社の検査をすり抜けて患者2人に輸血されていた問題で、輸血を受けた60代男性がHIVに感染していたことが26日、明らかになった。輸血後の抗体検査で陽性の結果が出た。厚生労働省の委員会で日本赤十字社が報告した。もう1人の感染の有無は不明。

 検査をすり抜けた血液の輸血によるHIV感染が判明するのは2003年以来で、04年に日赤が検査精度を高めてからは初めて。

 日赤によると、輸血された2人のうち、慢性消化器疾患を患う60代男性は、10月に持病の手術を行った際、新鮮凍結血漿(けっしょう)製剤を輸血された。輸血前の検査では陰性だったが、今月に行った抗体検査で陽性反応が出た。

 もう1人は2月に赤血球製剤を投与された。本人と連絡が取れており、詳しい検査を行う。

 献血をしたのは40代の日本人男性。今年2月に献血した際、6カ月以内に同性との性交渉があったが、申告していなかった。

 その後11月に献血した際に、採取した血液の検査で感染が判明。日赤が過去の献血歴を調査し、2月の献血の保管検体についてより精度の高い検査をした結果、HIV感染が判明した。

 HIVの感染から約1カ月半は、血中のウイルスが少なく、検査で検出されない期間(ウインドー期間)とされる。2月の献血は同期間中だったため、検査をすり抜けたとみられる。この男性は2月より前にも3回献血していたが、日赤は、いずれも感染前で問題はないとみている。 

(11月26日 時事通信)

 そして、本件について、もう一つ妄想してしまうのが、テロ行為の「もう一つの顔」。大衆の目を大きな対象から逸らすための、陽動としてのネタ。

f:id:kagura-may:20130623145118j:image

 なんで昨日でも明日でもなく「今日」なんだぜ?。このセンセーショナルな発表が。

 ここで「【艦これ】球磨ちゃんでサンドキャニオン」を再紹介。


D

クマ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です