よし!これで原口一博も終わった!な件について

 ついてきているメンツが「小沢一郎の丁稚にして比例下位当選組」ばっか。ただでさえ、その考えなしの八枚舌風見鶏ぶりが世間に周知されて信用絶賛急降下中なところに、あてがわれた手駒がこんな二線級じゃ、満足に「小沢派の別働隊」役も果たせんだろうにねえ。「ニセ第三極演出」が露骨過ぎて、国民から総スカン喰らって終わりだろ。「ああ言えば原口」も遂に焼きが回ったか?。

 一方の橋下府知事。ポピュリストとしてだけなら一流なだけに、人気取りに関して組むに足る相手かどうかの見極めは妥当だな。その大人な対応には思わずニヤリ。もっとも「似たような団体名つけてんじゃねーよ。この人真似野郎!。発言だけじゃなくネーミングまで人の言葉尻に乗るしか能がねーのか!」と言いたいだけかもしんないけど。

<原口前総務相>政策グループ準備会合 議員57人が出席

 原口一博前総務相は23日、国会内で地域主権改革などの政策実現を目指す政策グループ「日本維新連合」の準備会合を開いた。統一選を控えて内閣支持率が低迷するなかで、橋下徹大阪府知事や河村たかし名古屋市長らの地域政党と連携する布石としたい考えだ。

 会合には、民主党の若手を中心に国会議員計57人が出席。小沢一郎元代表に近い議員が多く、3月中旬にも正式に発足させる。原口氏は首長や非議員も参加して地域主権改革を進める政治団体「日本維新の会」も発足させる考えを示した。

 民主党の中山義活衆院議員ら小沢元代表に近い東京都選出の国会議員9人も24日、地方議員にも呼び掛けて「東京維新の会」を設立する。ただ、橋下氏は23日、原口氏との電話で「民主党が日本維新の会に入ると分かりにくくなる。一線を画させてもらう」と慎重に対応する考えを伝えた。【笈田直樹】

(2月23日 毎日新聞)

 まあ、仮に原口が三流のマキャベリストで、自分の議員バッチを守りたいと言うんだったら、いい方法があるぞ。その57人のうち1人でも多く丸めこんで民主党を離党、新党を立ち上げて自分は比例名簿1位に載せるんだ。そしたらまあ、自分くらいは今度の解散総選挙でも生き延びることはできるだろうよ。議員としてはともかく、政治家としては終わりだがな。

 ここで「幻想郷9学王決定戦!」を紹介。


D

本作のチルノの澱み無さを原口は見習うべきだw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です