めぐみさん「94年に自殺」 金英男さんが会見

 【ソウル29日共同】横田めぐみさんの夫で韓国人拉致被害者の金英男(キムヨンナム)さん(44)は29日午後、北朝鮮の金剛山で記者会見し、めぐみさんは「うつ病になり1994年4月に病院で自殺した」と述べ、日本側に渡しためぐみさんの「遺骨」は本物だと強調した。自らの拉致については否定した。安倍晋三官房長官は信ぴょう性に疑問を呈し、めぐみさんの両親は「絶対に信じません」と強く反発した。

 ほぼこれまでの北朝鮮の主張に沿った内容で、北朝鮮として拉致問題で韓国世論を巻き込み、幕引きを図る狙いとみられる。

 英男さんは、自らが北朝鮮に渡った経緯について「海で北の船に救助され、北に渡った」と説明。めぐみさんについても「幼い時の事故で脳に損傷を受けた記憶がある、とめぐみが話していた」と述べた。

(共同通信) – 6月29日

 これ以上無いってくらい「想定の範囲内」。はい、次いってみよー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です