まとめて感想 5/23-26

 HDに溜め込んでいた今週分の感想を簡単に。

  • 「ながされて藍蘭島」第8話「招かれて、観察者」@TX。パナ子さん登場。とりあえず象の突きは素人には辛いと思います~。以下、一口感想「パナ子さんの裸エプロンが二段オチの一段目とは、この海のリハクの目を以ってしても(以下略)」「胸がきついなんて本当のことを言っては…(^^;」「千影さんの青春の情動の目覚めオメ」「昔、バルチック艦隊の捕虜の皆サンに洋食で収容所食を出そうとして四苦八苦した、明治の日本人料理人サンの物語を思い出しましたのことよ」。んー。惰性だなー。
  • 「魔法少女リリカルなのはStrikerS」第8話「願い、ふたりで」@TVK。焦りと迷いとコンプレックスの袋小路に迷い込んでしまったティアナ。彼女を止められない未熟なスバル。うーん、若い。で、そんな若すぎる二人を愛のムチでシバキ上げる鬼教官なのはさん(19)。模擬戦で未熟者二人の攻撃を素手で受け止める動き。まさに天地魔闘の構えです。血迷った銃女への制裁はメラです。バーン様のメラです。なのはさん、白い悪魔から白い魔王へ昇格です。落ちていくティアナをこっそり助けながらの愛のムチ。かっこいいなあ。でもやっぱり管理局の白い魔王降臨です。本当にありがとうございましたっ!。
  • いやぁ、作画を除けば本当にいい話でしたね。前回終了時の予想を十二分に上回るナイスなエピソードでした。次回予告は漫画版・なのはさん11歳のアレなんでしょうが、「それ」を経験したなのはさん故のAパートの優しい指導とBパートの魔王な制裁なのですね。「なのはさん、優しいもん」byスバル。優しいからこそ、自分のようになって欲しくないから、傷ついて欲しくないから、敢えて今この瞬間は鬼になる。なのはさん、まさに名教官です。オオタコーチです。宗方コーチです。シン・風間コーチです。これでまだ19歳です。デバイス無しでリミッター付きです。…やっぱコワ(笑)。
  • その他のシーンとしては、フェイトさんと淫獣ユーノ君との会話、そしてなのはさん&裏切り者候補ユーノ君の再会も実に深くてGood♪。次回は、無言で今回の模擬戦を見届けた「8年前の惨劇の当事者」ヴィータの言動に注目ですね。ゲボ子は雛鳥たちを正しく導くことが出来るのか?。ところで、OPの画像少し変わりました?。
  • 「ラブ★コン」第8話「再起不能!大失恋!!」@TBS。神様は心優しき悪戯モン。人は恋すると不器用になるし臆病になるけど、その代わり少し優しくなれますな。ただ、強くなるには一匙二匙キッツイスパイスが必要と言う諸刃の美食。リサ、ガンガレ。心からエールを贈るぞ。あ、それ♪くまーくまー(以下略)。ちなみに神楽がパートナーと最初に旅行に行った先も小樽でした。ふっるい観覧車、まだ残ってるかなあ…。
  • 「アイドルマスター XENOGLOSSIA」第8話「コンペイトウ夜話」@TVK。「淫ベルインベルの故郷は宇宙。ちなみに故郷が地球なのはジャミラ」からスタートした第8話。いきなりおっさんのピンクは淫乱ビキニ。…ぶっちゃけ、訴訟モンですよ、これ(静怒)。でもいいや。雪歩の圧倒的勝利と凸助の完全敗北を見れたから、カニと戯れる真のらぶりーぶりを堪能できたから、ボクガマンする。
  • お話的には、改めて物語の背景説明。ロストアルテミスからアイドルの誕生までのおさらい。んで、物語の基本命題:アイドルに心はあるのか?。とりあえず凸助の言葉が真理ですな。まあ、他のアイドルは知らんけど、インベルにはあるでしょう。心と言うか男魂。それも深夜のデートに速攻反応する超助兵衛な。自分のパートナーの画像を録画するのが基本動作というストーカーチックな。
  • そんな変態に平和を託さねばならない人類に幸あれ。そして、コンペイトウスノウの輝く夜空の下の乙女達、恋人達に幸あれ。

今週は各作品ともナイスなエピソードが多かったなあ。眼福眼福。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です