なんで今頃この時期に毒ギョーザ事件「解決」?な件について

 事件発生から約2年。犯人が凶器の注射器を「何の隠蔽処理もせずに」手元にずっと持っていた、あるいは(一部の記事によると)注射器は下水道に捨てたが、何故か「下流に流れずに容疑者の近くに止まっていた」なんてマジだと思いますか?。超不自然でしょ。ぶっちゃけ。

 5月の上海万博開催と日中首脳の相互訪問前に、両国の関係改善をアピールするためのでっちあげ演出じゃないかと穿った見方をしちゃいますねえ。それとも、Googleや為替問題からこっち米国との関係が上手くいってないんで、同じく米国と上手くいっていない日本を取り込むための中共政府の自作自演歩み寄り?。はたまた、先日の全人代での事件責任者の失脚に関連した情報公開だったりして。いずれにしてもロクなもんじゃないですな。

ギョーザ事件で元臨時工拘束=「待遇不満で毒混入」-発生2年で解決へ・中国当局

 【北京時事】新華社電によると、千葉、兵庫の両県で10人の被害者を出した中国製冷凍ギョーザ中毒事件で、中国の警察当局は26日までに、ギョーザ製造元・天洋食品(河北省石家荘市)の元臨時工、呂月庭容疑者(36)=河北省出身=を拘束した。同容疑者はギョーザに毒を混入したと供述している。

 2008年1月に発覚したギョーザ事件は日中間の重大な懸案事項で、日本人の対中感情悪化の大きな原因となっていた。捜査に進展がみられないまま約2年が経過したが、ようやく解決に向けて動きだした。中国政府は外交ルートを通じて日本政府に伝えた。

 呂容疑者は天洋食品に対して正社員待遇を求めていたほか、従業員に対する不満を晴らすためにギョーザに毒を混入したと供述。妻の仕事をめぐる不満もあったとみられるという。警察当局は事件に用いた注射器を押収したほか、大量の証人、証言を集めたとしている。

 事件の捜査関係者によれば、押収した注射器には日本で中毒事件を起こした製品と同じ有機リン酸系殺虫剤メタミドホスが付着していたとの情報がある。 

(3月27日 時事通信)

 とりあえず、中国政府から散々犯人や過失の元凶扱いされた日本は、向こうに対して文句の一つを言っても罰は当たらんと思いますよ。北京の本音がどこにあるのかは別として。あちらさんのように額に青筋立てて感情のままがなり立てるのは美しくないんで、あくまでもクールに相応の実利要求込みで、ですが。

 ああ、ところで、2009年は日中貿易額が輸出入ともに10%以上落ち込む中、安物食いが多くなった日本の消費者や外食産業からの引き合い増加で、食料品の対日輸出量は、野菜で2%増など総じて堅調だったそうですね。そして、今回のこの「事件解決」発表。これで、日本への食品輸出はさらに伸び、この数年続くチャイナリスクも過去のものに

 なると思ったら大間違いだ。

 世界はそんなに甘くは無い。日本に限っても、食品以外の他資源・商品にも監視の網を広げるなど、外交・政治的駆け引きはむしろこれから…なんだけど、ポッポはじめ今の民主党政権に、そんな芸を期待できるとは到底思えないからなあ。せいぜい、チャイナフリーを可能な限り継続することで、我が身を守ることにしましょうか。

 ここで「【手書きルパン】 ルパン三世でef二期OP 【完成版】」を紹介。


D

元ネタが全部わかるアナタは神楽の仲間(笑)。これはいいMADですねー。ようつべ版はこちら。相変わらず仕事が早いジェバンニ氏の比較版はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です