しょこたん、リア・ディゾン、AKB48が紅白初出場

 取って付けた様な提灯記事に激萎え。他の一部記事では「アキバ系の視聴者動員狙い」って解説がなされているけど、それ以外に、円天騒動絡みの常連組が大量に抜ける穴を埋めるのに、そこそこ知名度もありスケジュールも空いてて都合が良い面子だってことも、出場理由の一つであることは否めないよな>彼女達。

 全部で何人(何組)穴埋め要員が必要になるのか分からんけど、仮に円天歌手総パージとなると、最近の面子で言えば紅組白組ともに2-3名ずつ程、駒が足りないね。あと誰だろ?駆り出される面子は。言っとくけど、AKB48等に続いてのヲタホイホイ用に、JAM Projectご一同や水樹奈々嬢、南里侑香嬢といった方々が暇人向けお遊戯会に引っ張り出されるのを見るのは、まっぴらゴメンだからな>紅白編成担当。

 タレントの中川翔子(22)とリア・ディゾン(21)、アイドルグループ「AKB48」が、大みそかのNHK紅白歌合戦に初出場することが24日、分かった。

 中居正広・笑福亭鶴瓶の司会コンビなど、徐々に今年の形が見えつつある紅白を、初出場のトップアイドルたちが盛り上げることになった。

 「ブログの女王」としてすっかりおなじみのしょこたんは、6月発売の新曲「空色デイズ」がオリコンチャート初登場3位を記録。10月にはNHKのお隣のC.C.Lemonホールで初のコンサートを成功させた。

 「グラビア界の黒船」ことリアも、2月の歌手デビューから3枚のシングルと初アルバムも発表。今月はワンマンライブも行った。

 05年に誕生したAKB48は、東京・秋葉原での毎日の公演に加え、9月には中国北京で行われた日中国交正常化35周年記念イベント「日中文化人懇談会」に出演。“日本代表”としてパフォーマンスを行った。

 関係者によると、さまざまな分野で活躍する3組の人気はもちろん、音楽活動でも高い実績を残したことを評価しての初選出。3組がステージ上で共演するプランも進行中だという。トップスターがそろう紅白の舞台を、より華やかに彩るステージも期待できそうだ。

(11月25日 スポーツ報知)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です