このまま「各陣営」の票割れが続けば、都知事選は舛添要一で決まり

 「小泉純一郎の操り人形」細川護熙の出馬は、ダッチロールが止まらない民主党を更に浮つかせ、宇都宮健児の足を引っ張っただけ。田母神俊雄の出馬は、そのまんま東の息の根を止め、お祭り好きな浮動票を分断する小細工。

 結果、舛添要一が漁夫の利を得て、アッサリ勝利の図。誰が書いた筋書きかは知らないけど、つまらんなあ。

f:id:kagura-may:20140113223239j:image

 この手↑のスキャンダルwが出てこなければ、都知事選はこのまま、舛添、田母神、細川、宇都宮の順で決まり。田母神と細川が入れ替わるくらいはあるだろうが、大勢に影響無し。つまらんなあ。

 ウルトラCがあるとすれば、細川と宇都宮の陣営一本化だが、小泉純一郎パパンが間にいる時点で、それは起こり得ない。つまり、今回の都知事選とは「そういうこと」。

都知事選 細川元首相が出馬表明「原発問題に危機感」 小泉氏「支援する」

 東京都の猪瀬直樹前知事の辞職に伴う都知事選(23日告示、2月9日投開票)で、細川護煕元首相(76)が14日午後、都内のホテルで記者団に対し「今の日本が抱えている原発問題などについて、私なりに国の存亡に関わる危機感を持っている」と述べ、立候補を正式表明した。これに先立ち、同じく「脱原発」を主張する小泉純一郎元首相(71)と同ホテル内で会談で支援を取り付けた。

 小泉氏は細川氏と並んで記者団の取材に応じ、「この国の形、特に原発問題をどうするか、共感できるところがたくさんあった。都知事選への立候補には心から敬意を表明したい」と語った。

 さらに「原発がなくても日本は発展できる。東京が原発なしでやっていける姿を見せれば必ず国を変えられる。細川さんが当選すればエネルギー問題、原発問題で国政に影響を与えることになる」と強調した。 

 細川氏は数日中に記者会見を行い、選挙公約などを発表する。記者団には「原発(問題)は知事として非常にやりがいのある仕事。全力でやりたい」と意欲を見せた。

(1月14日 産経新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です