「不審物」はお礼のビール 福岡、住民一時避難

 16日午後1時50分ごろ、福岡県飯塚市長尾の飯塚署筑穂交番のカウンターに、新聞紙で包まれた箱があるのを署員が発見。県警は不審物として爆発物処理班を出動させ、周辺住民を一時避難させたが、中身は近所の80代の女性が置いた缶ビール6本と判明した。

 調べでは、女性は交番が無人だった午前10時から午後1時50分ごろまでの間に、カウンターの上に、新聞紙で包み粘着テープで縛った縦約25センチ、横約15センチ、高さ約20センチの箱を置いた。防犯相談のお礼だったといい、中身が分かるような書き置きや、交番の無人時に使用できる電話による飯塚署への連絡はしなかった。

(共同通信) – 6月16日

 おばあちゃんの謙虚さが仇になったと言うべきか、何でもかんでも疑わないと危なくてしょうがない世情の世知辛さを嘆くべきか。でも、何となくホノボノした気分になるのは神楽だけ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です