「上場すればもうかる」…大学生の株トラブル増加

 未公開株取引の制限や実態なんて、専門教育を請けていなくてもネットでちょっと調べれば分かりそうなもんだがなあ…。この手の詐欺話を聞くと、「被害者さん可哀相」と言うよりも「あんたばかぁ?」と思っちゃうのは、神楽だけ?。詐欺師連中が一番悪いのは間違いないんだけどさ。

 未公開株を巡るトラブルに巻き込まれる大学生が、首都圏を中心に急増していることが9日、国民生活センターの調べでわかった。

 同級生や先輩から「上場すればもうかる」などと持ちかけられ、60~70万円の被害に遭う事例が目立つ。

 同センターによると、未公開株を巡る大学生の被害件数は、2004年度以前は0件だったが、05年度5件、06年度36件と増えている。投資ブームを受け、学生の間でも関心が高まってきたことが背景にあるようだ。

 首都圏の大学に通う20歳代の男子学生は、07年2月に同級生から「投資サークルに参加しないか」と誘われ、韓国企業の未公開株への投資を持ちかけられた。金額は65万円だったが、「学生ローンを組めばよい」と勧められ、消費者金融2社から借金をした。ところが、株を発行する企業名も明らかにされず、実際に投資されているかどうかも不明だという。

(5月10日 読売新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です